口内炎 治らない ベーチェット病

治らない口内炎はベーチェット病のことも

スポンサーリンク

口内炎は口の中や舌の粘膜に起きる炎症の総称です。
有痛性のものと無痛性のものがあり、有痛性のものはベーチェット病の四大主症状のひとつです。
ベーチェット病は再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患で、眼、口、皮膚、外陰部のほか、中枢・末梢神経、消化管、関節、血管をおかす全身性の自己免疫疾患です。
典型的な初発症状として、口腔粘膜の再発性アフタ性潰瘍がみられることが多く、口唇、頬粘膜、舌、歯肉、口蓋粘膜に円形の境界が鮮明な痛みを伴う潰瘍ができます。
主症状としては次の四つがあげられます。
まず、眼症状です。
ぶどう膜炎をおこす代表的疾患のひとつであり、再発、寛解というこの疾患の特徴を最も的確に現します。
患者は突然視力がなくなったり、また改善したりということを自覚します。
次に口腔粘膜症状です。
有痛性の口内炎が特徴です。
全身性エリテマトーデスの場合、これは無痛性なので対照的です。
三つ目は外陰部症状です。
陰茎や陰嚢、大陰唇、小陰唇などに潰瘍が現われます。
四つ目は皮膚症状です。
特徴的な皮膚症状というわけではなく、結節性紅斑、血栓性静脈炎、毛嚢炎様皮疹が合併したものです。
皮膚の過敏性が強くなり、医療機関で採血した際にそこが真っ赤に腫れ上がることがあり、これを針反応と呼びます。

スポンサーリンク

口内炎に加えて外陰部にしつこく治らない潰瘍が出現する場合はベーチェット病を疑って、専門機関を受診することが望ましいでしょう。
これら四つの症状はどの患者にもすべてそろうわけではありません。
この四つの症状のほかに副症状があります。
疾病の後期に起こる症状で、生命予後に影響するのはこちらの症状です。
主に五つあります。
まず、関節症状として、非びらん性、非対称性の関節炎が起こります。
次に副睾丸炎です。
これは頻度が高く特徴的な症状です。
三番目に消化器病変があり、炎症性腸疾患のような血便、大腸潰瘍が見られます。
四番目は血管病変で、静脈病変が多いのですが、動脈病変も起こるため、それにともなう脳血管障害や心筋梗塞の恐れも高くなります。
五番目は神経病変です。
脳神経から末梢神経まで様々な病変が起きます。
主症状は治ったり、ぶりかえしたりを繰り返すのが特徴ですが、副症状は自然には治らないことがほとんどで、積極的な治療が必要です。
四つの主症状がすべてそろった場合を完全ベーチェット病といいます。
それ以外に主症状が3つ以下の不全型、腸管、血管、神経の病変が特徴的な特殊型があり、特殊型ベーチェット病の予後は良くありません。

スポンサーリンク