禁煙 口内炎 原因 対処法

口内炎の原因と対処法の1つ禁煙との関係

スポンサーリンク

口内炎とは、歯茎や舌にできる炎症反応のことです。
少し触れるだけで痛く、食事の時にはひどい痛みを伴うため、お年寄りや小さなお子さまの場合、そのことが原因で栄養不足に繋がるケースも少なくないのです。
それでは、口内炎の原因については、一体どのようなことが考えられているのでしょうか。
ここで簡単にみておきましょう。
まず1つ目の原因として挙げられるのが、ストレスや疲れによるものです。
はっきりとはわかっていないものの、ストレスや疲れによって抵抗力が低下することによって口内炎ができやすくなると考えられています。
2つ目の原因として考えられるのが、ウイルスや細菌によるものです。
また、ほおの内側を噛んでしまったり、入れ歯などによる物理的な刺激によって起こる場合もあります。
さらに、喫煙によって口の中が長時間熱にさらされることも、口内炎の原因の1つと考えられているのです。
それでは次に、対処法について考えていきましょう。

スポンサーリンク

対処法についてもいくつか考えられます。
まずはなぜ口内炎ができてしまったのか考えなければなりません。
ストレスや疲れを感じていたのであれば、それを軽減する工夫をしなければなりません。
さらにビタミン不足とならないよう、食生活を見直すことも必要です。
また、喫煙の習慣がある方は、禁煙を試みる必要があるでしょう。
一見、禁煙は関係ないように見えますが、喫煙によって起こる口内炎は、がんに変化する恐れもあると言われています。
このことからも、禁煙がいかに重要なものかということが分かるでしょう。
また、口の中の細菌への対処法としては、毎食後の歯磨きや口の中を乾燥させないように、水で口の中を潤わせたり、ガムを噛むのも効果的です。
すでにできてしまった場合には、薬もいくつか販売されていますので、それらで対処すると良いでしょう。
錠剤や塗るタイプ、スプレータイプなど、形もさまざまです。
好みのものを選んでしっかりと対処していきましょう。

スポンサーリンク