口内炎 完治 期間

口内炎の完治までの期間

スポンサーリンク

気がついた時にはできてしまっている口内炎。
食べ物を口に入れるとしみてしまい、食事がうまくとれなくなってしまった悩みをかかえたことはありませんか。
辛い口内炎を防ぐには、早めの対処が必要です。
できそうかも、と思ったらすぐに改善の一手を打つことが大切なのです。
そもそもどうして口内炎はできてしまうのでしょうか。
主にストレスや食生活の乱れなどによる唾液の分泌量低下が炎症につながると言われています。
唾液の量が減ると口内をきれいに保つことができなくなってしまうのです。
そのため口内洗浄の意味でうがいは効果的です。
一日数回のうがいで口内を洗浄しましょう。
ドラッグストアにある殺菌力のあるうがい剤はより効果があります。
またビタミン剤を摂取することもいいでしょう。
口内炎はビタミン不足が原因とも言われています。
特にビタミンB群のサプリメントを日常的に摂る、またはビタミンBの多く含まれるしじみ、焼き海苔といった食品を摂るのも完治、改善につながります。

スポンサーリンク

すでに口内炎ができてしまった場合には、ほとんどの人が完治までの期間、自然治癒にまかせることが多いようです。
しかし期間にして1〜2週間かかってしまうので、その間にストレスが溜まるのは嫌ですよね。
醤油やメロンなどしみるものは避け、更にできるだけ熱いもの、辛いもの、アルコールや嗜好品も控えましょう。
完治までの期間は炎症部を刺激せず休ませることが一番の治療になります。
我慢できない痛みがある場合は、市販薬に頼って塗り薬を試してみてください。
薬が駄目な人は、はちみつでも効果が期待できるようです。
刺激を控える口内炎バッチもあるようなので、自分に適したものをドラッグストアで探してみるといいですね。
どうしても痛みが我慢できない時は歯科口腔外科を受診し、専門的な治療を受けましょう。
レーザー照射を受ければ粘膜を固めてくれるので痛みはなくなります。
ただしレーザーを扱っている所は限られているので、事前に歯科医に問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク