唇 口内炎 外側 原因 対処法

唇の外側にできる口内炎の原因と対処法

スポンサーリンク

基本的には口の中にできるのが口内炎となっています。
しかし口の中だけではなく口の外側である唇に発生することがあります。
これは唇の周囲である外側から内側に発症するようになっています。
なぜこのように唇の周辺などの外側に発症するようになっているのかというと、原因として考えられているのは、食事の時に唇をかんでしまうということがあります。
この部分が化膿をし、それによってアフタ性などの口内炎を発症してしまうということが多くなっています。
肉などは弾力がある食べ物となっていますが、肉を唇と間違えてかんでしまうということがあります。
しかし口内炎以外に考えられる病気もあるので、気をつけるようにします。
ここでの目安は、2週間を経過しても治らないということです。
このときには注意が必要となります。
考えられる原因としては次のようなものがあります。
それは舌ガンや白血病や悪性リンパ腫などになります。
この他には尋常性天疱瘡ということになります。

スポンサーリンク

このような病気が原因となっているので、口内炎ができている場所や大きさなどをしっかりと確認するようにします。
またできてしまったときにはしっかりとした対処法を取ることが必要になります。
唇にできたものに関しては、歯の近くにあるということで、治療だけではなくしっかりと保護を行うことが必要になります。
内側にできているというようなときにはパッチタイプの薬を使うようにします。
口角などの外側にできいているというようなときには、塗るタイプの薬を使うようにします。
また発生する前に予防をするということも大切になります。
そのための対処法としては、しっかりと栄養を補給して、規則正しい生活を送るということが大切になります。
体調不良によって引き起こされることが多くなっています。
したがってバランスの取れた食事を心がけ、体調を整えるということが必要になります。
こうすることで体の抵抗力を付けることができます。
また食事だけでは栄養を補うことができないという場合には、サプリメントを利用するという対処法もあります。

スポンサーリンク