口内炎 治癒 期間 対処法

口内炎が治癒する期間と対処法

スポンサーリンク

頬の裏側を噛んだり、堅い食べ物で傷をつけたりすると口内炎になることがあります。
ストレスや栄養不足が主な原因で、そこに頬の裏側を噛むなどの外的要因が加わって発症することが多いようです。
たいていの場合、必要な栄養素をしっかり摂り、口の中を清潔にすることで、自然に治癒するものです。
ところで、口内炎は、自分にとって都合の悪いところばかりにできます。
たとえば、堅い食べ物が好きで、いつも同じようなところを傷つけたり、咀嚼時のクセで頬の裏側や舌を噛んでしまったりしたところに発症するので、「よりによってこんなところに」ということになります。
そういった嗜好やクセは、簡単に直せるものではありません。
発症してしまったら、しっかりケアして、できるだけ短い期間で治癒させたいものです。
しかし、食事にあたっては、激しい痛みがあるため必要な栄養素が摂れないことがあります。
また、痛みから口の中のケアが雑になり、不衛生な状態になってしまいがちです。
そのような理由で悪循環となり、症状が長引くことがあります。

スポンサーリンク

口内炎を発症している期間は、栄養不足が心配です。
もし、食べ物を口に運ぶのも苦になるようでしたら、対処法として傷を覆う軟膏を使用するとよいです。
ただし、発症箇所によっては、しっかり覆うことができないこともあるので、その場合は、やはり食事がストレスになってしまいます。
不足していることが考えられる栄養素は、ビタミンB群で、これは、レバーに多く含まれています。
レバーは、やわらかい食材で傷に当たっても痛みが少ないですので、積極的に摂るようにしたいものです。
レバーが苦手な人は、サプリメントを利用するのもよいと思います。
そして、口の中を清潔に保つことが必要ですが、歯磨きをするときは、歯ブラシが口内炎に触れると非常に痛いので、しっかり磨くことができず、不衛生な状態になりやすいものです。
そんなときは、対処法として口腔洗浄液を使用すると、治癒までの期間を短くできるようです。
できるだけ口内炎に触れないように注意して丁寧に磨き、口腔洗浄液でうがいをして清潔な状態に保ちましょう。
口内炎ができるということは、ストレスを受けて精神的にまいっていたり、食生活の乱れなどで栄養不足になっていたりという状態であることが考えられます。
自分の体が不調を教えてくれるサインとしてとらえ、生活習慣や対処法などを見直すことも必要かもしれません。

スポンサーリンク