子供 口内炎 たくさん 原因 対処法

子供にたくさんの口内炎がある原因と対処法

スポンサーリンク

子供の口の中に口内炎がたくさんできると、とてもかわいそうですよね。
自分で痛いと言える子はいいのですが、言えない場合はご飯を食べなくなったり、機嫌が悪くなったりしますが、親御さんにはその原因が分からなくて困惑するものです。
口内炎とは口の中が炎症してしまった状態のことをいいます。
発症の原因として考えられるのは、栄養が偏っていること、睡眠不足、口の中を噛んでしまってなんらかの細菌感染を起こす、などがあげられます。
これらは「アフタ性口内炎」と呼ばれています。
上にあげたような要因で発症しますが、実際は発症する原因はよくわかっていないのが現状です。
それとは別に、ウイルスに感染をして発症するものもあります。
子供に多く見られるヘルパンギーナや手足口病などがそれにあたります。
ヘルパンギーナは主に乳幼児や子供が感染し夏に発症します。
突然高熱が出て、口の中に口内炎や水ぶくれができます。
また手足口病は、その名の通り手や足や口にたくさんの発疹や水ぶくれができるウイルス性の感染症です。

スポンサーリンク

対処法として、まずは「アフタ性口内炎」の場合から述べていきます。
口内炎は基本的にはできてから1、2週間もすれば自然に治ります。
しかし、食べ物を食べるときにしみたり、痛みを伴うことも多々あります。
また子供が痛がっていれば、親は早く完治させてあげたいと思うでしょう。
手っ取り早い対処法は、耳鼻咽喉科や歯科などで貰える塗り薬を塗ることです。
寝る前に患部に塗っておくと、翌朝随分と痛みがひいています。
またうがい薬で口の中をしっかり清潔にすることも、対処法として効果があります。
ヘルパンギーナや手足口病の場合はまずは小児科で診察をしてもらいましょう。
これらは特効薬はなく、投薬で喉の痛みを抑えたり、熱を下げたりするしかなく、もどかしさを感じるかもしれません。
夏場に流行るというのもあり、脱水には注意が必要です。
喋れない子供は口の中にたくさんできた水泡が潰れ、痛みから母乳などの水分を取らなくなることがあるため、イオン飲料を与えたり、室温を調整したりするなど、脱水にならないよう注意をしましょう。

スポンサーリンク