手足口病 口内炎 痛み止め

手足口病の口内炎の痛み止めの方法は

スポンサーリンク

まず、この手足口病はウイルスによって手や足、口の周りや口の中に発疹が出たり、発熱、のどの痛みが出たりする病気です。
主に小さい子供が感染しやすい病気ではあるのですが、夏場になると大人の間でも流行するので大人になってからも注意する必要があります。
基本的には症状が出始めてから10日間程度で完治する病気ではあるのですが、妊娠している場合胎児にも影響が出てしまうことのある病気なので、妊娠している場合は完治した後も確認のために病院を受診しましょう。
基本的には手足口病は治療法が存在せず、痛み止めを服用することによって発疹によってただれてしまっている部位の痛みを軽減したり、熱を下げて少しでも体を楽にする方法しかできません。
また、ワクチンも存在しないために、風疹などのような予防接種も行うことが出来ないので、特に流行しやすい夏場はウイルスに感染しないためにも手洗いうがいをはじめとする基本的な風邪予防をしっかり行うことが感染予防につながります。

スポンサーリンク

手足口病の症状の一つとして口内炎が出来てしまうことがあります。
この場合、痛みを伴うので特に子供の場合は食事を摂ることを嫌がってしまうこともありますが、病気を治すためには食事をしっかり摂ることも大切です。
このような症状がある場合、医師から口内炎の痛み止めも処方されるので、薬が効き始める時間をしっかり確認して、その時間に合わせて食事を摂るようにすることで痛みを少しでも感じない状態で食事を摂ることが出来ます。
また、口内炎そのものに対して痛みを感じない食べ物を食べるようにすることも食事を嫌がらないようにするための方法のひとつです。
手足口病の際に痛みをあまり感じずに食べることの出来る食べ物としては、薄味で常温で固すぎない食べ物がオススメです。
例としてはゼリーや茶わん蒸しなどといったものがオススメです。
水分補給に関しても同様であり、身体が熱いから冷たいものをと思ってしまいますが、それは口内炎の痛みをさらに感じてしまうので常温のものを飲ませてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク