喉 口内炎 白い 原因

喉に白い口内炎が出来る原因と対処法

スポンサーリンク

口内炎は口内の粘膜に形成される疾患の一種で、多くの場合、痛みを伴うできものが出来るのが特徴です。
口内炎は疲労や栄養の偏り、細菌感染など様々な原因で発症する他、唇や喉にもできものが生じることがあります。
特に白いできものは年齢や性別を問わず誰でも発症する可能性があります。
また、複数のできものが重なり合って肥大化するケースもあり、咀嚼や発声に悪影響をもたらすこともあるので注意が必要です。
白い口内炎は軽度のものであれば日数が経過すると自然に消えて無くなります。
痛みも殆ど無く、発生したことに気づかないこともあります。
その一方で口内炎は刺激を受け続けると症状が慢性化し、できもののサイズも大きくなりやすくなります。
喉は飲食物を飲み込んだり呼吸の際に伸縮するたびに刺激を受ける場所なので、できものも影響を受けやすい傾向があります。
そのため、喉に口内炎の症状が現れた際は速やかに医療機関で治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク

白いできものは内部に蛋白質を主成分にした膜状の物質が形成されています。
そのため、見た目は白い粒が膨れているように見えますが、自分で潰してしまうと傷口が炎症を起こして強い痛みに見舞われます。
また、傷口に口内の細菌が入り込んで化膿し、重大な疾患を引き起こす可能性もあることから、できものには無暗に触らないように心がけます。
特に治療中は薬剤の使用によって口内環境が変化していることが多く、できものが形成されている部分に違和感が生じて無意識のうちに舌や歯で潰してしまうことがあります。
治療中は常に口内の状態に気を配り、症状が悪化しないように努めることが治療の効果を上げるための心得です。
口内炎は生活習慣の問題点を解消することで発症のリスクを軽減させることが出来ます。
栄養の偏りが生じないように食事のメニューを見直し、十分な休息をとって疲労が溜まらないように工夫します。
また、香辛料や極端に熱い飲食物を飲み込むことで喉が傷つき、できものが形成されやすくなります。
食品の選択を慎重に行い、食後はうがいを行って喉の粘膜を労わることが健康状態を良好に保つことに繋がります。

スポンサーリンク