子供 口内炎 病院

子供の口内炎は病院での診察が必要?

スポンサーリンク

口内炎は体調が悪いときに唇や口内にできます。
ヒリヒリと痛いものが多く、食事が辛くなるほど悪化する場合もあります。
そんな口内炎ですが子供も様々な原因からできることがあります。
一番、多いのがストレスと睡眠不足です。
ストレスを抱え、幼いからこそ消化できないストレスが口内炎として出てきてしまうのです。
また共働きの家庭が増え、家庭環境も夜型に偏ってくると自然と子供は睡眠不足になってしまいます。
次に栄養不足です。
現代は飽食と呼ばれカロリーの高いものを食べる機会は増えたものの大人も子供も野菜から摂るビタミンBが不足がちです。
病院に行けば、軟膏を塗ってもらうことやビタミン剤をもらうことができます。
ですが、精神的なことが原因の場合は、規則正しい生活、子供らしい生活習慣へ導くことが大切です。
精神的なことが原因で口内炎が出来ると、親は自分がふがいないのかと落ち込むこともあるかもしれません。
ですが、気づきにくい症状に気づいたという事はしっかり子供と向き合っている証拠です。
口内が傷むのでうがいや歯磨きを怠りがちになるので、手伝ってでも清潔にしておくことの大切さを教えましょう。

スポンサーリンク

絶対に病院に行かなければならないのは、ペルパンギーナや手足口病やヘルペス性口内炎です。
発熱を伴うので、すぐに気づくことができるはずです。
病院に行くと薬だけでなく、痛みを感じにくい食法についても指導してくれるはずです。
熱いもの、冷たいもの、刺激が強いものを避けて柔らかいプリンやゼリーを薦められるはずです。
食欲が落ちるのでたくさんの水分を忘れないようにしましょう。
子供の辛い症状を治すためにもしっかりと対応してあげたいものです。
熱もなく、思い当たる原因もない口内炎があります。
そんあ時は小児歯科に相談しましょう。
ただ噛んで、出来た傷に細菌が繁殖してしまったのかもしてませんが、もしかしたら、歯並びが悪く噛むたびに頬の内側や舌を噛んでしまっているなどのトラブルがあるかもしれません。
手足の擦り傷と違い、親も対処法に迷うことも多いはずです。
対処法や受診する科に迷えば、まずかかりつけの小児科に行きましょう。

スポンサーリンク