口内炎 頬 腫れ 原因

頬に口内炎の腫れができる原因

スポンサーリンク

頬に口内炎の腫れができた時には、いくつかの原因が考えられます。
まずは、ビタミンCの不足です。
ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれている栄養素です。
そして、このビタミンCは口の中の粘膜を丈夫にする役割を担っています。
そのため、ビタミンCが不足してしまうと、口内の頬の粘膜の力が弱まり、口内炎ができ、腫れてしまう原因となってしまうのです。
しかし、このビタミンCの不足による口内炎は、簡単に治すことができます。
それは、食生活の改善です。
先程も書いたように、ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれています。
そのため、野菜や果物の摂取を心がけると症状が改善します。
また、野菜や果物には、ビタミンC以外のビタミンも多く含まれています。
私たちの身体は、たくさんの栄養素の働きによって支えられています。
数多くのビタミンの摂取は、口内炎の改善以外にも良い結果をもたらしてくれます。
肌荒れや、にきび、便通の改善など、その効果は数多くあります。

スポンサーリンク

次に、口内の頬に口内炎ができて腫れてしまう場合の原因は、口の中を噛んでしまったときです。
食事中やふとしたときに、口の中を噛んでしまうと、そこに傷が生まれます。
その傷の周辺で菌が繁殖してしまうことによって、口内炎ができてしまうのです。
しかし、このような場合も、あまり心配をすることはありません。
ほとんどの場合、傷の治りとともに、症状は治まるからです。
しかし、そのような時に気をつけるポイントがあります。
それは、口の中を清潔に保つことです。
基本的に、毎日の歯磨きを行うことが大事です。
しかし、どうしても気になるようであれば、医療機関へ受診することをオススメします。
医療機関では、口の中を清潔にするうがい薬を処方してくれます。
医師の指示に従い、用法用量を守って使用すると良いです。
また、医療機関へと受診しなくても、市販のうがい薬も有効です。
口の中の雑菌を減らすことや、口の中をさっぱりとさせてくれるため、口内の腫れを和らげる効果が期待できます。

スポンサーリンク