口内炎 早く治す 食べ物

口内炎を早く治すための食べ物

スポンサーリンク

口内炎とは口の中や下にできる炎症のことで、刺激のある食べ物やアルコールなどがしみて痛みを感じておいしく食事ができないといったことになります。
口内炎ができる原因は様々で仕事などのストレスや疲れ、ビタミン不足などが挙げられ体調を崩すとできやすくなります。
食べることに障害をきたすため、早く治すためのおすすめの食べ物があります。
口内炎の炎症を抑え荒れた口の中の粘膜を修復する栄養素としてビタミンBやビタミンCが挙げられます。
レバーや青魚、牛乳や納豆には豊富にビタミンBが含まれているためこれらを摂取すると早く治すことができます。
放っておいても10日ほどで自然になくなりますが、その間食べる時に注意する必要が出てきます。
刺激のある食べ物は食べないで、スープ類など刺激の少ないものを選ぶと良いです。
また水分を十分にとることで口の中の粘膜の乾燥を防ぎ、治りを促進することにつながります。
きちんと歯を磨いたりして口の中を清潔に保つと早く治すことができます。

スポンサーリンク

口内炎が治らず長期化するようであれば普段の生活を見直す必要があります。
ずっと治らないのであればストレスが絶えずかかっている状態であることや食生活が偏っていることが考えられます。
口内炎だけであれば食べる時の痛みだけですみますが、この状態がずっと続くと別の病気に発展することも考えられます。
そのため早くから治療を心がけることが大事です。
喫煙も口の中の衛生に影響を与えるため良くありません。
口内炎ができてしまったらオーラルケア用品を使って口をゆすぐと早く治すことができます。
昔から言われていることではアロエを塗ると早く治るとされていますが、ヨーグルトなどといっしょにアロエを摂取することでも十分治療を早めることが可能となります。
アロエにより患部をコーティングするため、乾燥を防ぎ患部の悪化を予防することが可能となります。
ビタミンの摂取が難しいという人であれば、サプリメントを利用したりジュースとともに摂取する方法がおすすめです。

スポンサーリンク