口の中 口内炎 たくさん 病気

口の中に口内炎がたくさんできたら病気?

スポンサーリンク

口内炎は歯茎や頬の内側、舌や唇に起こる症状であり、白く円形状の炎症ができます。
口の中にできやすいため、食べ物がしみて痛みがでます。
特に、熱いものや辛いものなどはしみやすく、痛みが強くでてしまうため、食べることが困難にになります。
また、口は食べるだけでなく、しゃべる時も使うため、しゃべるたび痛みがでて、なかなか完治しない事もあります。
実はいくつかの種類があるのですが、最も一般的なのがアフタ性口内炎です。
これは、ストレスや疲れが溜まることにより、免疫力が低下するとできやすいと言われています。
また、口の中を噛んでしまったり、歯ブラシが強くぶつかるなどもできる原因です。
できてしまった際の対処法ですが、ビタミンB群が足りないと起こりやすいため、意識して摂取したり、口の中を常に清潔にする、また、市販の薬を使うなどの方法もあります。
しかし、口の中にたくさん口内炎ができ、なかなか完治しない場合には、病気を疑う必要があります。

スポンサーリンク

口内炎は身体が疲れていたり、誤って噛んでしまうなどが原因でできてしまいます。
1つできても辛いですが、2つできてしまっては、食べるのも会話するのも困難になってしまいます。
もし、口の中にたくさんできていたら、疲れが原因だけでなく、何らかの病気の恐れもあるのです。
考えられる病気にベーチェット病があります。
ベーチェット病は難病に指定されており、口内炎以外にも、皮膚、目、外陰部などに症状がでます。
初期症状で口内炎ができると言われているため、口の中にたくさんできていたり、いつまでも完治しないのであれば、病院で検査する必要があります。
他にも考えられる病気に、糖尿病、そして、集中的できる場合には、白血病の恐れもあるのです。
通常であれば、1週間ほどで完治しますが、長引くようであれば注意が必要なのです。
一般的な症状なので、安易に考えがちですが、実は恐ろしい病気が隠れている場合があるのです。
いつもと何かが違うと感じたら、病院に行く事が対処法になります。

スポンサーリンク